×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

冬。早朝。

冷たく、されど澄んだ空気。神を奉るこの場には朝霧と新鮮なこの空気は相応しい。そう神社――博麗神社には、相応しい空気といえる。

 そして、その神社の巫女、博麗霊夢、彼女にも相応しい……、

「あ〜、朝から寒いわね〜。妹紅でもその辺歩いてないかな〜」

 ……神職の巫女にも例外はあるらしい。まあ、この寒い中、「今日も一日、身を引き締めて参ります」なんて、この娘が言えば、それこそ次の日は空に龍でも現れそうだが。

 この神職にしてはマイペースな巫女さん、霊夢。彼女はこの幻想郷においてはありとあらゆる意味で『例外』な存在だろう。

 人妖問わず信頼され、幻想郷の多くの有力者とも繋がりがある人間。さらに、これまで彼女は幾度も幻想郷の異変を解決してきた。まさに『例外』な存在だ。

 しかし、そんな彼女も今から巻き起ころうとしている事件。これはそんな『例外』な彼女にとってもこれまでに類を見ないまさに『例外』なもの。

 幻想郷始まって以来の珍事がこの冬巻き起こる。

東方聖夜祭

「こういう寒い日はやっぱりコタツで、お汁粉よね」

 啓内の掃除を早めにというか、開始5分で中止して私――博麗霊夢は居間でくつろいでいる。目の前には昨日、里で買ってきた餅で作ったお汁粉。そして、入れたばかりのお茶。見てるだけで心が温もる。

「それじゃ、さっそく…」

 箸に手を伸ばす。さあ、今度は身体も温めよう。

「相変わらず、サボってんな」

「あら、毎度のことだけでいいタイミングね」

「まあな、私もそう思うぜ」

 そう言いながら彼女――霧雨魔理沙は(毎度のことだけど勝手に)自分の分のお汁粉を装うと、私の前に座る。ここまではまあ、いつもどおり。だけど、少し変な気がする。

「ねえ、あんた、今日は来るの早くない? まだ朝の九時過ぎよ?」

「ん、今日はちょっと呼ばれてきたんでな」

「呼ばれた? 私は呼んでないわよ?」

「まあ、慌てるなよ。すぐに皆揃うから」

「皆?」

 まだ年末の忘年会には少し早い。それなのに『皆』ってどういうこと? それを聞くよりも早く、その皆の内の1人が居間に入ってきた。

「あら、魔理沙、早いわね? あなたが時間を守るなんて、明日は龍でも出るかしら?」

「私は仕事はきっちりこなすんだぜ? 知らなかったか?」

次のページへ