×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

東方夏楽譚 最終話 〜夜〜

「あ〜、やっと着いた……」

 祭り開始から、遅れること1時間。ようやく町についた。まったく、こういうときはのんびりと行きたかったのに、誰かさんが遅刻したせいで、結局、飛んでいくことになっちゃった。

「もう始まってるみたいね……」

 隣でアリスが呟く。声のテンションはいつもどおりだけど、その目は始めて見る(祭りには参加したことが無かったんだって)祭りに、興味津々みたい。人生(?)やっぱり、祭りは知っておかないとね。

 と、そんなアリスの隣で、今回の主催者兼、原因――霧雨魔理沙が「おお〜、今年も凄いぜ〜」とか、盛り上がってる。

「ちょうど、盛り上がってるじゃないか。いいタイミングだぜ」

 こいつも目をキラキラ輝かせてる。さすが、祭り好きだ。今日の私達の浴衣(私は赤と白、魔理沙は黒と白、アリスは水色と白の浴衣。なんか色彩は普段と変わらないな)を用意しただけはあるわ。本当、、初めてのアリス以上にハイテンション。まあ、それは別にいいけどね。祭りは楽しむためにあるんだし。けど、

「あんた、少しは反省しなさいよね」

「ん? 良いじゃないか。やっぱ、祭りは盛り上がってる時に来るのが一番だぜ」

「それは否定しなけど、慌てて飛んでくるのは違うと思うわよ」

「う、まあ、折角の祭りだし、私も反省してることだし、この辺にしとこうぜ」

「反省している人は自分で『反省している』なんて言わないと思うわ」

「うっ。アリスまで……。悪かったって。お詫びになんか奢るから、勘弁してくれよ」

「よし。じゃあ、行きましょう」

 夜の町。そこは私が知ってる町と、同じものとは思えないほど、賑やかだ。周囲を取り囲む堤燈。その灯りの元の屋台。そして町を賑わす歓声。祭りというのは本当に不思議なもの。今日この日だけは人も妖怪も妖精も関係ない。皆、ここの、幻想卿の住人が一つになって楽しんでる。

(すごいな……)

 いつもの宴会も盛り上がるけど、さすがにこれには勝てない。けど、それで良いんだと思う。毎日が祭りだと、ありがたみがなくなるしね。だから、それはいい。ただ、一つ、悔しいことがあるとすれば、この祭りになんでウチの神社が参加していないのかってこと。普通、こういう時こそ、神社だと思うんだけどな。そうすれば参拝客でお賽銭も入るし、出店のショバ代も取れるのに。

「あ〜、本当残念」

「何が残念なの?」

 首を傾げるアリス。やはり、この悲しさは当事者にしか理解できないか。

「あ〜霊夢は毎回、祭りのたびに神社も絡めないかな〜とか、思ってんだよ」

「何で?」

「ショバ代に、お賽銭。つまり金だよ。なあ、霊夢?」

「悪い?」

「悪くは無いけど、無理だと思うわ」

 無理と、言われるのは納得できない。だって神社で祭りって、定番のはずでしょ。

「なんでよ、アリス?」

「だって、あの神社は人里からは結構距離もあるし、そもそもこの祭りは神社とは関係が無いから」

「うっ……」

 さすがアリス。冷静な意見だわ。そう言われると、何も反論できない。

「さて、そんな話はここまでにして、楽しもうぜ」

「そうね」

「折角の祭りだから楽しみましょう」

 この夏祭りは本当に賑やかだ。町のいたるところに付けられた飾りに堤燈。そして、それぞれのポイントに設置されている作り物(町の人や妖怪が作った見世物)も凄い。お、この紅魔館とか凄く良く出来てる。製作者の名前は……紅美鈴? ん〜、なんか聞いたことがある名前だな〜? でも、誰だっけ。思い出せない。まあ、いいや。

 と、こんな作り物に加えて、中央広場での盆踊りもあるし、花火大会も盛り上がる。本当に夏を全力で楽しむイベントだ。

 そんな芸術も素敵なお祭り。だけど、やっぱりメインは、

「あ、綿菓子。発見。さあ、魔理沙、早速、奢ってね」

 やっぱり、出店。普段はあんまり食べる機会が無いものも、この日は普通に食べれるのが嬉しい。しかも今日は魔理沙の奢り。沢山食べちゃおう。

「げ。あれ、結構高い……」

 後ろから魔理沙の声が聞こえるけど、無視無視。いつも人の家でご飯食べて行くんだから、こんな時ぐらいはご馳走にならないと。

 アリスもその辺、しっかり解かってるみたいで、隣で色々物色してる。こんな時ははしゃいだ者勝ちね。

「魔理沙、ご馳走になるわ」

「アリスもかよ!?」

 とりあえず、最初は綿菓子3人前。私達が満足するまで魔理沙には付き合ってもらわなきゃ。

「綿菓子3つくださいって、あら……」

「あ、いらっしゃい。巫女に魔女2人」

 綿菓子の屋台。その奥で綿菓子を作っていたのは、ウサ耳の少女妖怪。イナバ。こいつが人里に居るなんて珍しい。

「あんたが出店してるとは思わなかったわ」

「そうね。自分でもこんなことになるとは思わなかったわ」

 竹林の奥、永遠邸に住むイナバ。普段は竹林から出ても来ない。顔を見せるのは宴会の時ぐらいのレアキャラ。そんなイナバが人里に顔を出して、さらに出店まで出しているなんて、何が合ったんだろう?

 魔理沙も気になったみたいで、直球勝負でそれを問う。

「なんで店出してんだ?」

「少し前に森の古道具屋で欲しいもを見つけたの。だから、お金が必要なの」

「あなたが欲しがるものって何? 気になるわ?」

 アリスも興味を持ったみたいだ。妖怪のイナバがあの古道具屋で欲しがるものとなれば、確かに気になる。物によってはまた、騒動の原因になるかもしれないし。

 けど、そんな私の緊張はイナバからの答えで、あっさりと消えた。

「外の世界の乗り物よ。マウンテンバイクっていうのよ」

「乗り物?」

「そう。ほら、私って竹林に住んでるでしょ。竹林って歩きにくいのよ。それで何か良い物は無いかと、古道具屋に行ったら、その乗り物があってね。店主が言うには乗りこなせれば、どんな悪路も進める乗り物だって言うから。私は普段、竹林で生活してるからね」

 あ〜、なるほど。確かに竹林は歩きにくい。納得。

「でも、あいつ、売るかな?」

「あ、それなら大丈夫よ。なんか、試しに乗ろうとして、失敗して怪我したみたいだから。もう、店には置いておきたくないって言ってたわ」

 あそこの店は、商売は二の次で、趣味最優先。気に入ったものはまず、手放さない。特に、それが外の物で使い方が解かっているものなら、尚更。だけど、今回はその心配は無いらしい。

「……情けない男ね」

 店主には悪いけど、アリスに同意。今回は本当に情けない話だ。

 と、そうこう、話してる内に綿菓子が袋に詰められていく。

「はい、綿菓子、3つお待たせ。3つで1200円になります」

「魔理沙」

「解かってるよ」

 渋々と財布からお金を出す魔理沙。笑顔で受け取るイナバ。そして、綿菓子を楽しむ私とアリス。実に正しい祭りの風景ね。さあ、どんどん行くわよ。

「あ、あの八目鰻美味しそうね」

 次の獲物を見つけたアリス。うん。確かに美味しそうな匂い。

「いっ!? まさか、あれもか!?」

「当然よね。今日はご馳走になるわよ。魔理沙」

「霊夢、少しは手加減してくれよ〜」

「駄目。私達を屋台が待ってるわ」

「これ全部見てみたいわ」

「2人とも勘弁してくれ〜」

 魔理沙の懇願は却下して、今から屋台めぐり全力勝負よ。

次のページへ