×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

東方夏楽譚 第2話 〜昼〜

「あ〜、暑いわね〜」

 さっきまで涼しかった縁側にも、日の光が入ってくる。光はあっという間に空気を暖めて、私から冷気を取り上げる。暑さの原因を見上げれば、お天道様は丁度、空のど真ん中。時刻はお昼時。そろそろお昼ご飯でも食べなきゃと思うけど……。

「暑い……」

 この暑さの中、動く気になれない。本当、どうしたものか。お腹も少しは空いてるんだけど……。

(面倒よね……)

 面倒だし暑い。今の私には多少の空腹よりも、この暑さが問題だ。とりあえず、さっきから廊下の冷たい場所(日が当たってない場所か、私が移動して時間が立った場所)をゴロゴロと転がってる。

「暑いわね……」

「本当に……」

 私の独り言に応える声。私は寝転がったままその主との会話を続ける。

「何時来たの?」

「今です」

「珍しいわね。1人?」

「ええ。お嬢様もパチュリー様もお屋敷で休まれてるわ」

「ふ〜ん。まあ、レミリアは元々、日光が苦手だし、パチュリーも体弱いしね」

「そういうことです」

「それで今日はどうしたの咲夜?」

 身体を起こす。そこにいるメイド姿の少女、(どうみても私より年上だけど)十六夜咲夜と顔をあわせる。

「……ようやくおきましたね」

「良いじゃない。この暑さでだるくて仕方がないんだから」

「気持ちは解かりますけど……」

「それで今日はどうしたの? お茶でも飲みに来たの?」

「まあ、似たようなものです。これを持ってきました」

「? 何、その風呂敷?」

 咲夜が手にしているお守り。それはやたらと大きい。そして丸い。見た感じは夏の定番のアレだけど……。

「多分、あなたが想像している通りのものですよ」

 咲夜はそれを私の隣に置くと、『スルリ』と風呂敷を開く。そして、中から出てきたのはまあ予想通りのモノ。しかし、ある意味想像を超えたシロモノだ。これ、どうしたんだろ?

「……咲夜、これ何?」

「何って、見てのとおりスイカです」

「見ての通りって、氷漬けなんだけど?」

「今日は暑いですからね。悪くならないようにあの氷の妖精に頼みました」

「なるほど」

 確かにこの季節はあの氷の妖精の力は便利だ。物の保存に丁度良い。氷漬けはやりすぎな気もするけど。

「けど、このスイカはどうしたの?」

「これはウチの屋敷で栽培したものです。豊作なのでおすそ分けです」

「へぇ〜、ありがとう」

 こういうお客様なら大歓迎。本当にありがたい。これはレミリアに感謝しないと。

「けど、以外ね。咲夜が家庭菜園なんて」

「それは私が創ったわけじゃないですよ」

「それじゃ、まさかレミリア?」

 家庭菜園を楽しむレミリアって想像付かないけど、他にそんなことしそうなのが思い浮かばない。そして、私の『まさか』を咲夜が否定する。

「……何がまさかなのかは気になりますが、お嬢様ではないです。ちなみにフランドール様でもパチュリー様でもないです」

 おかしい。あの屋敷で家庭菜園なんてしそうなの、いや、出来そうなのが想像付かない。

「え? それじゃ誰が創ったの?」

「ウチの門番です」

「門番って、あの中国?」

「はい」

 そうか、忘れてた。確かにあの中国なら、なんとなく納得できる。うんうん。あの門番が創ったのか。そうか〜。

「……変な薬とか、ダンボールとか混ざってないでしょうね?」

「? なんでそんなものがスイカに混ざるんです?」

「ゴメン。忘れて」

「?」

 外の世界じゃ、中国の食料品が危険で、なんにでも薬やダンボールとかが混ざってるって、聞いてるけど、まあ、大丈夫か。あの門番はそんなことはしそうに見えないし。

「それではこれで……」

 用件を済ませたって事なんだろう。綺麗な一礼をして、帰ろうとする咲夜。けど、私はこのまま帰す気は無い。こんなものを持ってきて、このまま帰るのは反則だ。

「待ちなさいよ。咲夜」

「? なんです?」

「このまま帰る気?」

「ええ、スイカも渡しましたし」

「それは少しマナー違反でしょ」

「? どういう意味です?」

 本当にわからないんだろう。咲夜はキョトンとしている。仕方ないな〜。

「こういうのを持ってきたら、上がって一緒に食べていきなさいよ。1人じゃ食べきれないわ」

「え?」

 あれ? なんだか、さらにキョトンとしてる。おかしい。私、そんなに変なこと言ったっけ? もしかして咲夜はスイカ嫌いなのかしら?

「ほら、早く。それとも何か用事でもあるの?」

「いえ、別に今からは空いてますけど……」

 何かおかしい。何をそんなに戸惑ってるんだろう? けど、嫌がってるようにも見えないし、それに時間もあるって言ってるしいいか。それじゃ私のルールに付き合ってもらおう。

「さ、上がって」

「ええ♪」

 ニッコリと微笑む咲夜。別にスイカが嫌いって訳でもないみたい。良かった。

第3話 〜夕〜 へ