×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「気持ち良い……」

 古手神社の啓内。その丘。私は1人そこにいる。

 パーティーで火照った身体には、冬のこの冷たい風と、目の前に広がる白銀の世界が心地良い。

「久々にあんなに騒いだな」

 本当に楽しいパーティーだった。前原家貸切で行われたパーティー。圭ちゃんの両親が仕事で東京に行っているということで、遠慮なく皆して騒いだ。

 皆で持ち寄った料理にケーキ。そして、ジュースと……一部のお酒(持ち込んだのは梨花ちゃん)。

 そして、食事の後のゲーム大会。これまでの部活で培った知識と経験、そして技術。皆がその全てを駆使して戦った。まさに白熱の試合だった。

 その後もカラオケして、ゲームして、料理食べて。そんなのを繰り返して……。それは本当に楽しい時間だった。

 詩音が持ってきたエンジェルモート特製ケーキに感動する羽入。

 それを見て『はぅ〜。お持ち帰り〜♪』と、瞳を輝かせるレナ。

 悟史と詩音に甘える沙都子。

 てっきり悟史にべったりかと思ったら、沙都子に姉の様に接する詩音。

 沙都子と詩音の姿を優しい瞳で眺める梨花ちゃん。

 圭ちゃんと共通の趣味で盛り上がる悟史。

 そして皆の中心で笑う圭ちゃん。

 楽しかった時間。けど、それももう終わっている。今頃はみんな圭ちゃん家の客間(一部は違うだろうけど)で寝てる頃だ。

祭りの後の静けさ。まさに今がそれだ。さっきまでの時間が楽しかった分、今は寂しい。

「楽しかったな……」

 言葉になって零れる寂しさ。それに答える優しい声。

「ああ、楽しかったよな……」

「……圭ちゃん」

 振り向けばそこには圭ちゃんがいた。

「来てくれたんだ……」

「ああ。来ないわけ無いだろう」

「ありがとう」

「それで話って何だ?」

 始まった。私はこれからの時間に全力をかけて挑む。どんな結果になっても悔いを残さないように。

 深呼吸して気持ちを落ち着ける。そして、何度もイメージ言葉を、イメージしたとおりに声にする。

次のページへ